FC2ブログ

SMゲイマガジン

ここでは、「HIVに感染したことをカミングアウトされた経験」 に関する記事を紹介しています。


▶G-stage 新規会員急増中!登録無料!



▶極上の癒し!本格タイ式マッサージlagoon



▶男専用車両 「出会い」という終着駅へいざ発進!



▶広告主様募集中!お問い合わせはこちら!


web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2



Living Together計画とはHIVを持っている人も持っていない人も、感染に気付いている人も気づいていない人も、もうすでにこの同じ世界を共に生きているというリアリティを共有するためのプロジェクトです。


アタマとココロがつながった日



今の彼氏と付き合い始めるときのこと。
ぼくは彼から、HIV+であることをカミングアウトされた。

それまでのぼくは、Living Togetherってコンセプトは知っていて。ぼくが知っていないだけで、ぼくの身の回りには絶対にHIV+のひとがいる、ってコトとか。アタマではわかっているつもりだった。
ゲイでHIV+のひとが書いている手記やblogを読んだりもしていたから、実際にそういうひとがいることも、わかったつもりでいた。

けれど、ホントに生身のニンゲンとして、ぼくの目の前に現れたHIV+のひとは、結局、彼が初めてだった。そうやって、アタマでわかっているつもりだったことを、ココロとはっきりつなげるキッカケをくれたのが、彼だった。



正直に言えば、彼のカミングアウトから、いろんな不安を覚えた。彼の体調のこと、自分が感染するかも知れないこと。それでも彼の手を、この事実だけで手放したくはなかった。

いまでも彼のなかのHIVと向き合えているかは、わからない。そしてなによりも、自分がHIVに感染しているかも知れない、という可能性とは、向き合えていないと思う。

けど、幸いにも、ぼくは彼と3年以上つきあえている。彼以外のひとでも、HIV+とカミングアウトしている友だちも増えてきた。こうしていろんなひととふれあう中で、できるだけ、アタマとココロをつなげていければいいと思っている。







HIVの理解、みんなで深めよう!←FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smgaymagazine.blog135.fc2.com/tb.php/21-fbe29ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


▶イケメン揃い!本格タイ式マッサージlagoon

ペペローション 360ml(クリアタイプ:ローション・エステ)

▶超激安!520円!アナルにも使えるぺペローション


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。