FC2ブログ

SMゲイマガジン

ここでは、「HIVに感染したことをカミングアウトされた経験」 に関する記事を紹介しています。


▶G-stage 新規会員急増中!登録無料!



▶極上の癒し!本格タイ式マッサージlagoon



▶男専用車両 「出会い」という終着駅へいざ発進!



▶広告主様募集中!お問い合わせはこちら!


web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2



Living Together計画とはHIVを持っている人も持っていない人も、感染に気付いている人も気づいていない人も、もうすでにこの同じ世界を共に生きているというリアリティを共有するためのプロジェクトです。


ぼくのエイズデー



12月1日じゃないけれど、ぼくにとってのエイズデーはこの日だろうって。そういう日がある。

ともだちから「検査したら…陽性だった」とカミングアウトがあった。ふたりで飲んだあとの、帰り道のときだった。きっと最初からその日に言おうと決めていたんだと思う。
飲んでいるときも何か話したそうな感じだったし、「喫茶店に移らない?」なんて言うものだから、一体どんな打ち明け話だろうと思っていた。



となりを歩く彼の声のトーンが変わって、「この間、検査に行ってね」と切り出した瞬間、あ、もしかして…と頭に「HIV」がよぎった。だから、聞きたくないと思った。可能性が決定的事実になる瞬間。
でも、彼はそのまま言葉をつづけた。「陽性だった」。

ともだちからのセカンド・カミングアウト。はじめての事だったけれど、でも、なんとなく耐性がある気がしていた。久しぶりに再会した知人がそうだと教えてくれたとき、出会いのはじめがカミングアウトだったとき、あったかい気持ちになれていたから。



なのに、そのときとは何から何までちがった。彼はもう告知を受け止めていて、だから、あとはぼくの問題だった。慰めてほしいのでも、肩を貸してほしいのでもなかった。
――何も言えなかった。でも、沈黙がいやで、じぶんでとんちんかんだってわかっていながら、とんちんかんな事をひたすら並べた。

あの夜をやり直すことができたら、じぶんは何て言うかな。なんだかんだ言って、おなじことをするような気もする。けれど、あのとき、ほんとうはどんな声を彼は聞きたかったんだろう。
別に望まれていることを言うのがともだちってわけでもないけれど。



ときどき、彼とHIVの事を話すよ。彼の言うこと、気持ち。わかんないことはわかんない。
でも、それを一つの話題にして、深いところをお互い見せ合えるようになってきているとも思う。

今度会ったら聞いてみよう。あのとき、どんな気持ちだったの?







HIVの理解、みんなで深めよう!←FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smgaymagazine.blog135.fc2.com/tb.php/40-501aec81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


▶イケメン揃い!本格タイ式マッサージlagoon

ペペローション 360ml(クリアタイプ:ローション・エステ)

▶超激安!520円!アナルにも使えるぺペローション


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。